美味しいでにっこり!ありがとうでほっこり!入居者が喜ぶ給食会社の選び方
MENU
入居者が喜ぶ給食会社の選び方 » 【寮】給食を委託するなら…会社選びのPOINT

【寮】給食を委託するなら…会社選びのPOINT

このページでは、学生寮や社員寮に給食を提供してくれるオススメの給食会社を3社ピックアップしました。各社の特徴をはじめ、給食を委託するメリット・デメリット、実際に導入している企業の声も載せているのでぜひチェックしてみてください。

委託するなら?切り替えるなら?
給食会社はここがおすすめ!

寮に対応しているオススメの給食会社3選

LEOC

LEOCの公式サイト画像
画像引用元:LEOC公式サイト(https://www.leoc-j.com/)

LEOCは1983年創業の実績豊富な給食会社です。学生寮や社食、老人ホームから保育園までと、全国各地2,200箇所の施設で給食を提供しています。提供先に合わせて、最適な食事プランを提案できるのは、数多くの実績を持つからこそ。多種多様なメニューの中から、寮で生活する人の年齢や職種、ライフスタイルに合わせて献立を考えてくれます。

国内の有名ホテル出身のベテランシェフや海外の人気レストランで修業を積んできたシェフなど、確かな腕前の料理人が多数在籍。給食でありながら、まるで人気レストランかのような高いクオリティの食事を楽しめることも、多くの企業・施設から支持されている理由の1つと言えます。

常に美味しい給食を食べてもらうため、寮で調理し出来立ての食事を提供するのがLEOCのこだわりです。食べる人のことを考え、食事の時間や内容に合わせて調理方法や食材を変更するなど、さまざまな工夫を施すことにより、安全かつ美味しい料理の提供を実現させています。

毎日の健康において欠かすことのできない食事。LEOCは、ヘルシーで栄養バランス満点なのはもちろん、美味しさにとことんこだわった給食で、寮生活で頑張る皆さんの健康面をサポートしてくれます。

メフォス

メフォスの公式サイト画像
画像引用元:メフォス公式サイト(https://www.mefos.co.jp/)

「新鮮な食材を食べてもらいたい」と考えるメフォスは、生鮮食品を近隣の地域で調達することを原則としています。地域で調達する理由は、美味しさへのこだわりだけではありません。近隣地域から食材を仕入れることで、その地域の活性化に貢献したいという想いも抱いているのです。

各地域の味の特徴を追求し、地元の人が美味しいと感じられるような味付けで献立を作成。長く愛されてきたご当地メニューや季節のメニュー、専門シェフの監修のもと作られた本格的なメニューなど、多種多様な食事を提供してくれます。慣れ親しんだ味で日々の疲れを癒したり、レストランのような本格的な味を楽しんだりと、飽きることなく毎日の食事を楽しめることでしょう。

また、「命であり絆である食」の提供を企業理念に掲げるメフォスは、「食と健康」に強いこだわりをもって給食事業を展開しています。ボリュームと美味しさを兼ね備えつつも、カロリーと栄養バランスをしっかり考えた献立を用意。依頼があれば「食と健康」についてのイベントなども開催してくれるようです。

生鮮食品を地域で調達することにより、新鮮な食材を使った給食を提供してくれるメフォスの給食サービス。地域に根差した美味しい食事を楽しめます。

日本ゼネラルフード

日本ゼネラルフードの公式サイト画像
画像引用元:日本ゼネラルフード公式サイト(https://www.ngf-penguin.co.jp/)

老舗の給食会社である日本ゼネラルフードは、人と人とのコミュニケーションの大切さに重きをおき、食事を提供する際は「笑顔の待遇」を心がけているそうです。食事をより楽しんでもらうための工夫が伺えます。

50年以上、給食専門の企業として業界を牽引してきた日本ゼネラルフードの強みは、やはりその豊富な実績です。必要な食事量や味付けなどは業種や年齢によってさまざま。「おいしい料理の提供を通じて人々を幸せにすること」を使命と考える日本ゼネラルフードは、これまでの経験やノウハウを活かし、「美味しい」と「満足」の両立を目指しています。

毎日食べるものだからこそ、飽きずに楽しめることが寮給食の重要なポイントです。実際に給食を食べた人の声や現場で働くスタッフの意見を反映させ、日々改良に取り組んだ結果、これまでに提供してきたメニューの数はなんと4,500種類以上。これだけのメニュー数を持つ現在でも、流行を取り入れながら新メニューの開発に取り組んでいるといいます。

料理の美味しさに欠かせないのは愛情と手間であるというのが日本ゼネラルフードの信念。調理スタッフたちの手間と工夫が惜しむことなく盛り込まれた美味しい給食で、お腹も心も満たしてくれるでしょう。

社員寮や学生寮で給食を提供するメリット・デメリット

メリット

社員・学生の健康増進

社員寮や学生寮に給食システムを導入することにより、一人ひとりの栄養バランスの改善が期待できます。

一人暮らしとなると、仕事が忙しくて食事を作る暇がないという方も多いのではないでしょうか。そうなるとどうしてもコンビニの弁当やインスタント食品、外食に頼ってしまいがち。すると栄養バランスが管理できず、偏ってしまいます。

一方、栄養面が考慮された給食であれば、バランスの良い食事が摂れるので栄養が偏る心配はありません。また、献立も工夫されているため、毎日違った食事が楽しめるというメリットも。栄養バランスのとれた食事は、免疫力向上につながるので、健康面はもちろん仕事や勉強にも良い影響を与えます。食事により元気が出れば、仕事や勉強のパフォーマンスもアップしますよ。

社員・学生間での交流機会が増える

一緒に食事を摂る共有スペースがあれば、自然と社員同士、学生同士の交流機会が生まれます。同じ屋根の下で過ごしていても、実際は挨拶程度の接点しかない…なんてこともあるのではないでしょうか。

積極的に交流する機会を設けない限り、他の人とコミュニケーションをとるのは難しくなります。しかし、社員同士で毎日一緒に食事を摂れば自然と会話も生まれ、食事もよりおいしく感じることでしょう。

また、仕事場でなかなか話す機会がない社員と交流することで、互いの業務への理解を深めたり、情報をいち早く取り入れたりすることもできます。すると、業務が円滑に進むようになり、次第に職場環境も良くなっていくでしょう。

デメリット

導入・運営のコストがかかる

寮で給食を提供するには、当然コストがかかります。寮に一から共有スペースを設ける場合は、さらに工事費用もかかるでしょう。準備期間から運営が軌道に乗るまでは、多くの手間と人手が必要になるため、導入する際はきちんと計画を立てることが大切です。

寮給食を委託するメリット・デメリット

メリット

労務管理の手間が減る

業務を委託することで、給食を作るスタッフの入職や退職における事務的作業を行う必要がなくなります。管理費がかかってしまうと思われがちですが、給食をつくる社員の福利厚生費や人材を集めるための求人費なども発生しません。さらに、スタッフが欠員した場合でも委託会社が迅速に対応してくれます。

バランスの良い食事で栄養面をサポートできる

給食会社には栄養士が在籍しているので、栄養面の管理も徹底されています。バランスの良いメニューが豊富に揃っているため、飽きの来ない食事を楽しむことができるでしょう。給食会社によっては、企業の行事にも積極的に参加してくれます。バイキング形式やパーティー形式など企業の要望に合わせて、普段とは違った趣で食事を楽しむことができます。

デメリット

人事異動により、調理師や栄養士が固定されない

給食会社の都合により、調理師・栄養士が異動または退職した場合、担当者が入れ替わることになるので、今まで担当した人と味付けやメニューが変わってしまうことがあります。

企業側の意見が反映されないことも

企業側のこだわりを反映させたメニューを作りたくても、意見を受け入れてもらえない可能性があります。独自性のある食事を提供したいときは、給食委託会社に実現可能かどうか事前に確認しておきましょう。

寮給食の委託事例

株式会社毎日コムネット

170棟以上の学生マンション・学生寮を運営している株式会社毎日コムネットは、2008年からLEOCに給食を依頼。地元の学生や留学生からも好評で、出身地問わず美味しいと言ってもらう機会が多いようです。現在は全国13カ所の寮でLEOCの給食を導入しています。

月に1回行なわれるビュッフェスタイルの際には、普段では味わえない特別なメニューを用意。日本人学生と留学生が食を通してコミュニケーションをとるきっかけが生まれるので、生徒たちにより充実した学生ライフを送ってもらえると高い評価を得ています。

信越半導体株式会社白河工場

半導体シリコンウエハーを製造している信越半導体株式会社の白河工場は、単身赴任者や独身の男性が多くいるとのことで、メフォスに給食を委託。従業員には高血圧の人が多く、「健康を重視したメニューにしてほしい」との要望があったそうです。

実際にメフォスが提供したヘルシーかつ味にもこだわったメニューは、「これからもこういったメニューを作ってほしい」との声があがるほど多くの従業員から好評を得ています。

また、健康に関連したイベントも設けており、そのうちの一つとして「骨強度チェック」を実施。楽しみながら健康的な食生活を送れるよう、イベントと食事を連動させた新しいプランを提供してくれます。

2016年・2017年に選ばれた全国対応のおすすめ
給食会社TOP3

LEOC

全国168か所対応
(北海道から沖縄まで)

LEOCの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
770億円
2016年度総売上高
6946200万円
伸び率
110.9
%

給食委託の
相談をする

メフォス

全国49か所対応
(北海道から九州まで)

メフォスの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
5368300万円
2016年度総売上高
5153600万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする

日本ゼネラルフード

全国15か所対応
(北海道から九州まで)

日本ゼネラルフードの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
4604200万円
2016年度総売上高
4419300万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする