美味しいでにっこり!ありがとうでほっこり!入居者が喜ぶ給食会社の選び方
MENU
入居者が喜ぶ給食会社の選び方 » 給食会社って利用するべき?意外と知らない基礎情報 » まずは試食会!給食会社はコンペで選ぼう

まずは試食会!給食会社はコンペで選ぼう

給食の美味しさやクオリティは、実際に料理を食べてみないと分かりませんよね。給食会社を選ぶ際には、試食会で味や品質をチェックすることが大切です。

給食会社は、給食メニューの試食会やコンペを通して決める流れが一般的。調理施設の見学会などを実施している給食会社もありますよ。

給食会社の試食会へ行くなら、「何を重視して給食会社を比較するか」はおさえておくべき。そんなポイントをご紹介しましょう。

給食会社の試食会ではどんなことをするの?

給食会社の試食会では、実際に提供している献立を用意してもらいます。調理施設の見学をおこなっている業者では、管理体制や作業工程などの確認が可能な場合もありますよ。

複数の委託業者を比較するために、コンペ形式で試食会がおこなわれることも多いです。より良いパートナーを見つけるために、しっかりと給食の味や給食会社のサービスを比べることがおすすめ。

実際には、3社ほど給食会社を比較してから委託先を決めたという施設が多いようです。1次選考、2次選考と、繰り返し選考を実施している施設も珍しくありません。

給食会社の試食会ではどんなことに注目すればいいの?

試食会でしっかりチェックしておくべきポイントは、当然のことながら、まずは「給食の味とクオリティ」です。給食が美味しいと、利用者の満足度向上に直結します。

そして、味だけでなく、「栄養バランス」や「盛り付け」、「利用者のニーズに合っているかどうか」も大切なポイント。食事を楽しみながら、健康をサポートしてくれる給食が理想的です。

高齢者施設の給食では、真空調理などの新調理法を使って、肉や魚を柔らかく仕上げるといった工夫が施されていると良いですね。

このほか、「給食スタッフの対応や雰囲気」も確認しておきましょう。

良い人材が集まる給食会社かどうかは、安定したクオリティを長期間提供できるのか、ということにも影響してきます。

調理の現場が見学できる場合は、衛生管理体制、調理の手順、設備などにも注目してみてください。

給食会社選びに困ったら…
まずはあなたのニーズから給食会社を探そう

2016年・2017年に選ばれた全国対応のおすすめ
給食会社TOP3

LEOC

全国168か所対応
(北海道から沖縄まで)

LEOCの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
770億円
2016年度総売上高
6946200万円
伸び率
110.9
%

給食委託の
相談をする

メフォス

全国49か所対応
(北海道から九州まで)

メフォスの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
5368300万円
2016年度総売上高
5153600万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする

日本ゼネラルフード

全国15か所対応
(北海道から九州まで)

日本ゼネラルフードの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
4604200万円
2016年度総売上高
4419300万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする