美味しいでにっこり!ありがとうでほっこり!入居者が喜ぶ給食会社の選び方
MENU
入居者が喜ぶ給食会社の選び方 » 給食会社って利用するべき?意外と知らない基礎情報 » 給食会社を利用するメリット

給食会社を利用するメリット

給食会社を利用するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

メリットを知らないことには、検討している方も納得しないはずでしょう。

いくつか項目にわけて解説していきますので、是非参考にしてみてくださいね。

給食会社でここが変わる!3つのメリット

人材確保・育成・管理が楽になる

給食スタッフの高齢化などで人材の確保が困難になってしまう施設も多くありますし、人材の確保・育成・管理は大きな労力を要する業務。

給食を外部委託すれば、スタッフの採用から教育や管理までを業者が請け負ってくれるため、給食業務にかかる労力が大幅に軽減できます。

味も見た目も楽しくなる

多くの給食会社では、毎日の食事を多彩な献立で楽しめるだけでなく、季節行事に合わせたメニューやイベントメニューを提供しています。

また、食堂にメニューを置いたり、料理に栄養メモを添えたりと、食空間が楽しくなるような演出をしている業者も。

美味しさはもちろんのこと、目で見て楽しめることも食事の大切なポイントですね。献立のマンネリ化からも脱却できます。

安全管理を徹底できる

お身体の弱い利用者もいるため、安全面には細心の注意を払う必要がある給食業務。当然ながら、給食会社には徹底した衛生管理体制が欠かせません。

給食業務を全面委託することで、プロの知識による安全性の向上が期待できるというメリットもあります。

利用者ファーストで給食を考えるメリット

施設の評判がよくなる

病院・老人ホーム・保育園など、様々な施設の口コミ情報を調べていてよく目にするのが、「食事が美味しい・不味い」といった給食に関する評判です。

利用者ファーストで美味しい食事を提供することで、施設の評判が良くなり、利用者の増加にもつながります。

入居者の不満が減る

有料老人ホームなどでは特に、コストよりも味やクオリティを重視する傾向があるため、料理が美味しくないと施設長へのクレームや退去につながってしまいます。

入居者の中には「食事が一番の楽しみ」という方も多いので、美味しい料理を提供することで満足度の向上が期待できます。

美味しい食事は人を健康にする

栄養バランスを考えた美味しい料理は、心にも身体にも良いもの。

毎日の食事を楽しみにしている方から、食欲が低下しがちな高齢者や入院患者さんまで、美味しい食事を提供することで心身の健康をサポートできます。

給食会社選びに困ったら…
まずはあなたのニーズから給食会社を探そう

2016年・2017年
最も選ばれた
おすすめ
給食会社TOP3

LEOC

LEOCの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
770億円
2016年度総売上高
6946200万円
伸び率
110.9
%

給食委託の
相談をする

メフォス

メフォスの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
536億円8300万円
2016年度総売上高
5153600万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする

日本ゼネラルフード

日本ゼネラルフードの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
460億円4200万円
2016年度総売上高
4419300万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする