美味しいでにっこり!ありがとうでほっこり!入居者が喜ぶ給食会社の選び方
MENU
入居者が喜ぶ給食会社の選び方 » 全国のおすすめ給食会社を一覧でまとめました!

全国のおすすめ給食会社を一覧でまとめました!

異なるニーズを持った施設に、適切な食事を提供するのは至難のわざ。たくさんの経験と、ノウハウの蓄積が必要となります。給食会社を選ぶ際には、様々な要望へ柔軟に対応してくれる給食会社を選ぶのがおすすめです。

みんなから選ばれ続けるのには理由があるはず。各エリアの食事の味やメニューの特徴もまとめたので、各給食会社の工夫も見えてきます。期待に応え続けている給食会社にはどのような特徴があるのが知り、良い給食会社を選びましょう!

ここでは、売上高が年間300億円以上ある人気給食会社をエリアごとで一覧にしました。給食会社を選ぶ際はぜひ参考にしてみてください。

各エリアの食事にはどんな特徴があるの?

北海道

他の都道府県に比べ、多くの食材を道内で作れるのが北海道の魅力です。北海道はエゾシカやクジラなど、他の地域では見られない独自の食文化が発展してきました。また、広大な自然の中で採れる季節の野菜も北海道の食文化に大きな影響を与えています。お肉やお魚、お米など定番の材料にも北海道のオリジナルのブランドが多いため、給食にも取り入れやすいのが特徴です。食材の幅を活かし、同じメニューでも材料を変えてアレンジができます。

農業や畜産業が盛んで、海産物が豊かな北海道。新鮮な材料をバランス良く組み合わせることで、毎日おいしく健康的な食事が食べられます。他の県では食べられない材料を取り入れることでより魅力的なメニューの考案が可能に。伝統の郷土料理が多いため、どのように食べやすく提供すると入居者にも喜ばれるでしょう。

東北

東北地方は温かい郷土料理が多いのが特徴。汁物は手軽に野菜を摂ることができ、栄養が偏りがちな方の食卓にぜひ取り入れたい一品です。寒い地域なので温かい郷土料理を給食にも取り入れることで満足感もアップします。汁物は食事に取り入れることで水分摂取にもつながり、水分不足による体調不良の予防に有効。冬だけでなく、夏の健康維持にも効果を発揮します。

東北地方の料理は塩気が強いものが多いため、塩分量を減らす必要があります。塩分を減らすと味が薄くなり、慣れ親しんだ郷土料理の味からかけ離れてしまう可能性も。東北地方で給食会社を選ぶ際は、健康管理しつつも、郷土料理の味を再現できるノウハウを持った給食会社を選ぶことが大切です。

関東

関東地方は様々な土地から名産品が集まりやすいのが特徴です。関東地方で生活を送っていれば、各地方のスウィーツや名産品が手軽に食べられます。自由に好きな食べ物を選べるため、食事内容が自分の好きなものに偏りがち。名産品は餃子やラーメン、うどんなどの炭水化物が多く、食生活が偏りやすいと言えるでしょう。

関東地方には広大な関東平野が広がり、たくさんの野菜が生産されています。新鮮な野菜を手に入れられるのがメリットです。関東地方で採れる野菜を使い、バランスが良い料理を作ることが重要です。手軽に好きなものが手に入る関東地方だからこそ、魅力的に感じるヘルシーメニューの開発には難しさがあります。舌が肥えた関東の人を納得させる料理が提供できる給食会社を選ぶことが大切です。

中部

山梨のほうとうや静岡のうなぎのかば焼き、岐阜の栗きんとんや愛知のひつまぶしなど、多くの名産品があります。おいしいものに困らない中部地方ですが、糖質が多いのが気になります。小麦粉や米、野菜も根菜類を使った料理が多く、気を付けなければ糖質過多になりやすい環境です。

給食では糖質を抑えつつ、名産品をいかに取り入れるかが大切。利用者が生まれ育った土地の味を楽しめるよう配慮しつつ、栄養バランスに偏りのない料理を提供するのが難しいところです。子どもに対しては、地域の食文化を教えながら、バランスの良い食事習慣を身に着けさせる必要があります。給食会社によっては、食育にも力を入れている給食会社がおすすめです。

近畿

京都のきれいなスウィーツ、食い倒れの街大阪の牛すじ煮込みなど。歩きながらでも手軽に食べられる料理が多いのが近畿地方の特徴です。他の都道府県と比べてパンや肉の消費が多く、糖質や脂質を多く摂ってしまいがち。野菜や果物の消費が少ないため、料理の中でうまく取り入れる必要があります。

外に出るとおいしいものがたくさんある近畿地方。施設の食事だけしか食べられない入居者でも、ストレスが溜まらず、満足できる給食を提供することが大切です。また外食が盛んで、朝食を作る習慣がない家庭が増加しているため、小さなときから食育をしていく必要があります。子どもの食育にも力を入れている給食会社にサポートしてもらうと良いでしょう。

中国

中国地方は日本海に面する鳥取県をはじめ、海の幸を活かした郷土料理が豊富。カキやふぐ、シジミなどの海産物のほか、米やモモ、ブドウなどの穀物、フルーツがバランスよく採れるのが特徴です。地域の食材をうまく使えば、おいしくバランスよく栄養摂取が可能。朝昼晩のごはんからデザートまで、工夫次第で幅が広がるのが魅力です。地域の特産品を食卓に取り入れることで、十分華やかで健康的な食事を提供できるでしょう。

魅力的な特産品が豊富な中国地方で給食を提供する際には、海産物やフルーツにアレルギーを持っている人や病気で食べられない人への配慮が必要。海の幸やフルーツを使った華やかな食卓にも負けないくらい魅力的な食事を提供できるかが、給食会社の腕の見せ所です。

四国

高知のカツオ、徳島の伊勢海老など海産物が豊富な四国地方。郷土料理には海産物や野菜を使ったものが多く、バランスよく栄養を摂れるのが特徴です。給食にもうまく郷土料理を取り入れることで健康的で楽しい食事を提供できるでしょう。香川のオリーブ、徳島のレンコン、徳島のなると金時や生シイタケなど、季節によって異なる味覚で食のバリエーションが広がります。

幅広い食材が取れ、様々な味覚を味わえるからこそ、好き嫌いを減らし食に感心を持たせる食育が大切です。他の都道府県では見られない野菜もあるため、しっかりと食育を行なえば幅広く食を楽しめる味覚が形成につながります。

子どもの食育に力を入れており、この土地でしか取れない野菜をうまくいかせるメニューを考案できる提案力が高い給食会社を選ぶことが大切です。

九州

甘みの強いしょうゆやラーメン、明太子、さらに新鮮な海産物を好む九州地方の人々は濃厚な味付けを好みます。さらに水に恵まれた九州は地酒の種類も多く、自分の味覚に合うものを見つけやすいのが特徴です。会社帰りに濃厚な食事に舌鼓を打ちながら、好きなお酒を味わう。至福のひとときですね。

九州地方の濃厚な味付けを好む食文化は給食には取り入れにくいかもしれません。特にヘルシーさが求められる老人ホームや病院などの給食はヘルシー相性が悪いケースが多いようです。

濃厚な食生活を送ってきた人ほど、施設で提供される給食では満足できないでしょう。そんな九州人の味覚を満足させつつ、健康的な食事を提供できる給食会社を選ぶことで、ストレスのない食環境を提供できます。

沖縄

中国や東南アジア、朝鮮など様々な地域から影響を受けた沖縄の食文化。日本で唯一亜熱帯に属する沖縄では、他の地域では見られないような野菜や動物が数多く生息し、独自の発展を遂げてきました。ビタミン豊富な豚肉がふんだんに使われ、ハンダマや青パパイヤなどが使われた料理が並ぶことが多い食卓は、栄養価が高く健康的です。そのため沖縄は長い間長寿の県として君臨し続けました。

しかし、様々な地域から影響を受けやすい沖縄。食の欧米化も他の都道府県より急速で、脂っこい食事やファストフードが多く消費されているのが特徴です。

そんな沖縄県民の給食は、あまり見られなくなった沖縄の古き良き食文化を取り戻し、取り入れていくことが大切。子どもの時から地域の野菜に興味が持てるような食育が必要です。

2016年・2017年に選ばれた全国対応のおすすめ
給食会社TOP3

LEOC

全国168か所対応
(北海道から沖縄まで)

LEOCの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
770億円
2016年度総売上高
6946200万円
伸び率
110.9
%

給食委託の
相談をする

メフォス

全国49か所対応
(北海道から九州まで)

メフォスの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
5368300万円
2016年度総売上高
5153600万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする

日本ゼネラルフード

全国15か所対応
(北海道から九州まで)

日本ゼネラルフードの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
4604200万円
2016年度総売上高
4419300万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする