美味しいでにっこり!ありがとうでほっこり!入居者が喜ぶ給食会社の選び方
MENU
入居者が喜ぶ給食会社の選び方 » 【保育園】給食を委託するなら…会社選びのPOINT

【保育園】給食を委託するなら…会社選びのPOINT

美味しい給食を導入したいと考えている保育園のオーナー・園長先生は、以下のポイントを押さえながら保育給食を委託する会社を選定するのがおすすめです。

給食を提供している保育園の数が多ければ、多くの保育園から選ばれている実績のある会社だとわかります。

また、どんなに栄養バランスの良い給食でも食べられなければ意味がありません。子どもたちの偏食をなくすには、バリエーション豊かで美味しい給食を選びましょう。

保育給食に対応している
オススメの給食会社3選

LEOC

LEOCの公式サイト画像

LEOCの献立を
公式サイトで見てみる

電話で給食委託の
相談をしてみる

子どもたちの食への関心を高める給食を目指し、見る・触れる・体感することを大切にしているLEOC。スパゲティやハンバーグなど子どもに人気の定番メニューの提供はもちろん、子どもが苦手な食材をアレンジして克服してもらうためのメニューの提案も行なっています。食材や調味料の仕入れを担うのはLEOCのグループ会社。そのため、価格・管理ともに安定しているのも特徴です。

また、保育園・幼稚園向けのメニューを開発・提案する専門の拠点が存在。苦手なものも美味しく食べてもらうための調理法の研究やアレルギー対応研修などさまざまな取り組みをしており、専門性やクオリティの高いサービスを実現しています。

また、食への感心を広げてもらうため、食事の作法から実際の調理方法までを学べる食育イベントも実施。食を通じて心の成長をサポートをしてくれます。

LEOCの保育給食

LEOC_保育給食_タコライス

LEOC_保育給食_チキン

LEOC_保育給食_ハンバーグ

LEOC_保育給食_パスタ

引用元:LEOC公式サイト(https://www.leoc-j.com/business/nurseryschool.php)

LEOCの会社概要

日本給食

日本給食の公式サイト画像
画像引用元:日本給食公式サイト(http://www.nikkyu.jp/)

日本給食の献立を
公式サイトで見てみる

電話で給食委託の
相談をしてみる

日本給食は給食受託事業・食材卸売り事業を中心に行なっている給食会社です。昭和47年に給食受託事業をスタートし、保育園をはじめとする児童福祉施設や企業の社員食堂などをメインに事業を展開しています。

食材卸売業では600校以上の学校・給食センターへ新鮮な食材を卸しています。国産食材にこだわっており、北海道から沖縄まで日本各地の食材を取り扱うため、味・品質ともに良いといえるでしょう。

給食を提供する形式についても柔軟に対応でき、すべてお任せすることもできますが、一部だけ業務を請け負うことも可能なのだそう。栄養管理、調理、食材調達と各部門で専任の担当者が対応してくれるため、質の高い給食を提供することが可能です。

日本給食の給食写真

日本給食の給食画像
画像引用元:日本給食公式サイト(https://www.nikkyu.jp/business/kyuushoku.html)

日本給食の会社概要

協立給食

協立給食の公式サイト画像
画像引用元:協立給食公式サイト(http://www.kyoritsu-f.co.jp/index.html)

協立給食の献立を
公式サイトで見てみる

電話で給食委託の
相談をしてみる

給食会社として55年の歴史がある協立給食。東京・埼玉・千葉・神奈川のエリアで学校給食を中心に、これまで多くの給食を提供してきました。

学校給食のほかに、保育園給食・福祉給食・社員食堂事業など幅広く手掛けています。公益社団法人日本給食サービス協会、集団給食協会を含む4つの団体に加盟しており、実績・実力ともに折り紙つきです。

保育園で提供される給食は安心・安全性に配慮しているのはもちろん、園長・栄養士・保護者と連携をとって、園児の成長をサポートする食事を提案してくれます。心と体どちらも健康に育む給食を子どもたちに食べてもらえるでしょう。受託運営の方法をとっているため、経験豊富なスタッフが園児たちのために真心こめて作った栄養たっぷりの給食を提供してくれます。

協立給食の保育給食

協立給食の保育給食の写真は見つかりませんでした。

協立給食の会社概要

委託するなら?切り替えるなら?
給食会社はここがおすすめ!

待機児童問題で保育園の給食需要は顕著

保育園

近年、待機児童の解消へ向けて、保育園・園児数の増加により、給食の需要も増加傾向にあります。
また、幼稚園でも、他園との差別化や保護者の負担軽減などを目的として、お弁当から給食へと移行するところが増えているよう。
園児給食に対応している給食会社の中でも、食育などにこだわっているクオリティの高い給食会社は人気なので、早めに導入や切り替えを検討することをおすすめします。

保育園の給食を委託するメリット

食育やイベントメニューに対応

多くの給食会社では、保育園向けのサービスとして、アレルギー対応や季節の行事食、保育園と連携した食育などにも積極的に取り組んでいます。自営だけでは難しい対応も、委託会社の力を借りることで実現できることの幅が広がります。

給食業務の負担を減らせる

給食委託を導入すれば、スタッフの採用・管理から、調理、配膳、衛生管理まで、すべての業務を一括してお任せできます。手間が省けるので、給食以外の保育園運営により力を注げます。

園児の食の安全を守る衛生管理

給食のプロによる厳しい衛生管理体制で、園児に安心して給食を食べてもらえます。一番の懸念である食中毒リスクを抑えられるのは大きなメリットといえるでしょう。

保育園の給食を委託するデメリット

連携不足・ミスによるトラブルが発生することも

給食の運営を外部に委託するため、安全な食事を提供するには委託先との連携がとても重要になります。連携が不足すると、重大な伝達事項が通らなかったり、意見が食い違ったりとトラブルを招いてしまいます。委託する際は事前に給食会社との間で連絡経路やルールなどを決めておきましょう。うまく連携がとれれば、トラブル回避はもちろん、業務の効率化やコストカットにも繋がります。

委託先の都合によって給食の質が安定しないことも

保育園側の都合とは関係なく、担当の調理師や栄養士が異動・退職するケースも少なくありません。自営の場合も同様ですが、担当者が入れ替わると料理の味付けやメニューが変わってしまう可能性があります。また、スキルや経験の差によっては給食の質が落ちてしまうことも…。

しかし、運営を続けていく以上、スタッフの異動や退職は避けられない問題です。大切なのは、誰が対応しても給食の質を一定以上保つこと。そのためには従業員のスキルを標準化させる必要があるので、給食会社を選ぶ際は、従業員の教育体制や労務環境にも注目しておくとよいでしょう。

施設側の意見が通らないことも

委託するとはいえ、すべてが要望通りにいくとは限りません。給食会社側にも対応範囲があるため、こだわりを反映させたメニューを取り入れたくても、意見を受け入れてもらえない可能性があります。「独自性を出したい」「地元産の食材にこだわりたい」など、特別な要望がある場合は、事前に対応可能かどうか確認をとるようにしましょう。

保育園の給食委託で何が変わるの?

近年保育園の数が足りず、少ない人数でたくさんの子どもを見なくてはならないのが現状です。給食会社に業務を委託することで、食事を用意するスタッフの採用・管理からアレルギー対応、調理・配膳などの手間が省け、子どもの保育により力を入れられます。

保育園では成長期の子どもに合わせたバランスの取れた食事の提供が大切。しかし子どもによっては好き嫌いが多く、栄養バランスが偏ってしまっているケースも多々あります。保育園給食の目的は、子どもに食への関心を持たせることや苦手な食材の克服を促すことです。食べ物への関心、苦手の克服は子どもの将来の食生活にまで影響し、大きな責任を伴います。子どもたちが苦手な食材をどう工夫してメニューに入れ込むか、関心を持たせるにはどのような見た目が良いか。良い食習慣を作るには、様々な側面を考慮して食事を提供しなくてはなりません。

また子どもによってはアレルギーで食べられない食材があり、個別の対応が必要なケースもあります。みんなと同じメニューが食べられないのは、精神的に負担がかかることも。アレルギーがある子どもに食事の楽しさを伝えるには、柔軟に個別対応していく必要があります。

子ども一人ひとりの良い食習慣を作り、アレルギーに個別対応するのは非常に骨の折れるもの。給食会社に給食を委託することで、保育士にしかできない子どもの精神面の育成により力を入れられます。たくさんの保育園での実績がある給食会社を選べば、食事面を安心して任せられますよ。

保育園の給食で気を付けたいこと

保育園の給食ではアレルギーや栄養バランスだけに気を付けるのではなく、子どもの食習慣の形成にも比重を置かなくてはいけません。

厚生労働省の「保育所における食指のガイドライン」によると、保育所での食育は「食を営む力」の基礎を育む役割を持っているとされています。食事を通じて得られる人間関係やそこから生まれる経験が、子どもの人格形成や発達に大きく影響します。さらに食習慣の観点から見ると、生活習慣病の予防といった将来の健康問題にも関連。現在の健康状態だけでなく、長期的な視点で子どもの健康を考える必要があるのです。

昨今では乳幼児のいる家庭でも忙しくて食育に十分な時間をかけられないケースが多く、保育園に家庭でできない部分のカバーを求める保護者が増加。保育園が求められる役割が大きくなっています。しかし保育園自体が不足し、かかる負担も大きくなっているため、保育園だけでは家庭分を補うだけの食育ができないのが現状です。

十分な食育を行うためにも、給食会社に委託することは非常に有効。保育園での採用実績が多く信頼のおける給食会社を選ぶことで、良い食事と良い食育が両立できます。

保育園の給食はオーダーメイドで対応可能な会社を選ぼう

保育園では、離乳食やアレルギー食など、園児1人1人に合わせた給食が求められています。

そのため、アレルギー対応が可能なことはもちろん、幅広い要望にオーダーメイドで対応してくれる給食会社を選ぶことが大切。

給食会社を利用している保育園の声

保育園の給食を委託するなら結局何が大事?

保育給食を委託するうえでチェックすべきポイントはひとつではありません。園児たちは育ち盛りですから、食育に取り組んでいる給食会社を選ぶことも大切。ただし、どんなに栄養バランスの良い給食でも食べられなければ意味がありません。バリエーション豊かで美味しい給食なら、子どもたちも給食を好きになってくれます。

そして、子どもたちの安全を守るための配慮も必要です。アレルギーをもつ子ども用の代替食を用意している会社、HACCP(厚生労働省が推奨している食品衛生管理の手法)に準拠している会社などを選ぶと良いでしょう。

また、多くの保育園から選ばれている給食会社の中から委託先を探すには、給食を提供している保育園の数や売上高をチェックするのがおすすめです。

みんなから選ばれている
業績右肩上がりの給食会社はココ!

2016年・2017年
最も選ばれた
おすすめ
給食会社TOP3

LEOC

LEOCの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
770億円
2016年度総売上高
6946200万円
伸び率
110.9
%

給食委託の
相談をする

メフォス

メフォスの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
536億円8300万円
2016年度総売上高
5153600万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする

日本ゼネラルフード

日本ゼネラルフードの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
460億円4200万円
2016年度総売上高
4419300万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする