美味しいでにっこり!ありがとうでほっこり!入居者が喜ぶ給食会社の選び方
MENU
入居者が喜ぶ給食会社の選び方 » 【私立小学校・中学校】入学希望者獲得につながる給食とは?

【私立小学校・中学校】入学希望者獲得につながる給食とは?

私立の給食事情

公立の学校給食は、国から自治体に補助金が出ます。そのため、給食費は自治体と保護者で折半するケースがほとんど。これが公立校の給食費が安い理由です。文部科学省が平成30年度に調査したデータによると、公立小学校・中学校の学校給食実施率は90%以上。

対して、私立小学校・中学校の学校給食に補助金制度はありません。給食費は学校側と保護者が負担しなければなりません。そのため、公立校よりも給食費は高め。お弁当制度を採用している学校が多い傾向にあり、私立小学校の給食実施率は87.2%、私立中学校は51.5%というデータが出ています。

国公私立学校の完全給食実施率

完全給食実施率 施設(総数) 完全給食実施校数
公立小学校 99.3% 19,338校 19,194校
私立小学校 87.2% 297校 259校
公立中学校 93.2% 9,336校 8,702校
私立中学校 51.5% 815校 420校

参考:文部科学省:平成30年度学校給食実施状況等の調査結果【PDF】

学校給食の導入が入学希望者の獲得につながる

近年女性の社会進出が著しく、共働き世帯が増えています。それは公立校・私立校、どちらの家庭にも当てはまることです。

小学校・中学校あわせて9年間、毎日お弁当を作り続けるのはとても大変。愛する我が子に毎日お弁当を持たせたい気持ちは山々でも、実際のところお弁当を作る時間がない家庭も増えています。

栄養バランスが良く、食育にもつながる学校給食は、保護者が私立高校を選ぶポイントのひとつ。これまで教育体制や学校設備等が重視されてきた私立校ですが、時代の流れを踏まえると学校給食が入学希望者を獲得するカギになりそうです。

豪華で美味しそうな私立小学校の給食事例

実際に学校給食やカフェテリアなどを導入している私立小学校の事例を5つ紹介します。

湘南学園小学校

湘南学園小学校_カフェテリア
画像引用元:湘南学園公式サイト
(https://www.shogak.ac.jp/80th_cafeteria)

湘南学園小学校_卒業祝い膳
画像引用元:湘南学園公式サイト
(https://www.shogak.ac.jp/80th_cafeteria)

「わが子に食べさせたい食事を提供しよう」この信念から、保護者・卒業生の親がNPO法人を設立。調理・運営・役員・スタッフは保護者をはじめ、湘南学園小学校に今まで携わった元保護者でカフェテリアを運営しています。食材は基本的に国産素材にこだわり、栄養価の高い食事を提供。親からの愛情が伝わるのか、子どもたちが楽しくわいわい給食を楽しんでいる声が響きわたっているそうです。

同志社小学校

同志社小学校_学校給食
画像引用元:同志社小学校公式サイト(https://www.doshisha-ele.ed.jp/schoollife/lunch.php)

給食の食材はグランドプリンスホテル京都で下ごしらえ。なんとホテルのシェフが子ども達の給食を調理しています。豪華なメニューばかりではなく、学校の職員・栄養士と打ち合わせをかさねて毎月の献立を作成。子どもたちの体をつくるために、バランスの良い食事メニューを提供しています。また、アレルギーもちの子がメニュー内容を細かくチェックできるよう使用している食材を明確に提示しているそうです。

帝国塚山学院小学校

帝国塚山学院_学校給食1
画像引用元:帝国塚山学院公式サイト
(https://www.tezukayama.ac.jp/grade_school/lunch/)

帝国塚山学院_学校給食2
画像引用元:帝国塚山学院公式サイト
(https://www.tezukayama.ac.jp/grade_school/lunch/)

「本物の味」を追求している帝国塚山学院小学校。地元のレストランと管理栄養士がタッグを組み、食事が好きになるようなメニューを考案しています。食事内容を充実させるのはもちろん、見た目にもこだわりが。プラスチックではなく陶器のお皿を使ってきれいに盛り付けているそう。食育も大切にしており、月に1回「世界の給食」をテーマとして他の国のメニューを提供しているのも特徴です。

自由学園

自由学園_学校給食1
画像引用元:自由学園公式サイト
(https://www.jiyu.ac.jp/blog/ga/61370)

自由学園_学校給食2
画像引用元:自由学園公式サイト
(https://www.jiyu.ac.jp/blog/ga/61370)

創立者の考えから、食事をとても大切にしている都内私立校です。私立の給食は管理栄養士や専門の給食会社と協力して運営するケースが多いですが、自由学園は保護者が給食運営を担当。毎日のメニューづくりや調理を子どもたちの親が手掛けています。1年生から6年生まで、全学年が1つのテーブルを囲んで食事を楽しむのも自由学園ならでは。また、敷地内で野菜・果物・動物を育て、命の大切さを実感できる食育を採用しています。

学習院初等科

学習院初等科_学校給食1
画像引用元:学習院初等科公式サイト
(https://www.gakushuin.ac.jp/prim/katei/life/)

学習院初等科_学校給食2
画像引用元:学習院初等科公式サイト
(https://www.gakushuin.ac.jp/prim/katei/life/)

学習院初等科では、給食当番だけでなく、子どもたち全員が白い給食エプロンを着用して食事をするスタイルです。昔の学校給食は、あらかじめ配膳された量を残さずに食べるよう強要する方針が多かったのですが、学習院初等科では事前に教師が量を減らすスタイルを採用しています。食べられる量を、子どもたち自身が決められるのです。そのほか、食事のマナー教育にも力を入れています。

私立中学校の給食(学食・カフェテリア)事例

実際に学校給食やカフェテリアなどを導入している私立中学校の事例を5つ紹介します。

二松学舎大学付属柏中学校

二松学舎_学校給食
画像引用元:二松学舎公式サイト(https://www.nishogakusha-kashiwa.ed.jp/introduction/campus/)

カフェテリアは木の温もり溢れる空間で、明るく開放的な作りになっています。食べ盛りの中学生がお腹いっぱい満足できるよう、メニューやバリエーションを豊富に用意。子どもたちが大好きな唐揚げやカレーライスはもちろん、定食メニューも日替わりで展開しているとか。ラーメン・そばなどの麺類は、出汁の種類から選べます。

聖学院中学校

聖学院_学校給食
画像引用元:聖学院公式サイト(https://www.seig-boys.org/news/27641)

「定食だけでは物足りない」そんな食べ盛りの子どもたちに人気のメニューは100円ミニラーメンです。聖学院中学ではカフェテリア内は、カフェテリアのメニューだけでなく、お弁当を持ち込んで食べてもOK。カフェテリア派の子もお弁当派の子も、分け隔てなく友達と食事ができるシステムです。男子校ならではの活気溢れる空間で、いつも賑やかなんだとか。空き時間にカフェテリアで勉強している学生もいます。

城北中学校

城北中学校_学校給食
画像引用元:朝日新聞EduA(https://edua.asahi.com/article/12329755)

ボリューミーな食事をコンセプトに豊富なメニューを展開している城北中学校の学食。とくに、お肉がメインメニューの「城北ランチ」は低価格でお腹がいっぱいになる人気メニューなんだとか。月に1回のイベントメニューは、子どもたちのリクストに応じたメニューを提供。特盛りまで対応してくれるので、運動部の男子もお腹いっぱい美味しい食事を食べられます。ランチタイムだけでなく、放課後も1時間だけ開放し、軽く食事がとれる環境をつくっているそうです。

聖徳大学付属女子中学校

聖徳大学付属女子中学校_学校給食
画像引用元:聖徳大学付属女子中学校公式サイト(https://www.matsudo-seitoku.ed.jp/feature/etiquette_modify/)

学年やクラスごとではなく、中学・高校の全生徒が集まって給食をとる会食スタイルを採用。配膳や食事の盛り付けも、子どもたちが全員で協力して動いています。基本的に食べ残しをしないよう、食べられる分だけを盛り付ける方針。一汁二菜をベースに管理栄養士さんがメニューを考案しています。また、陶器のお皿を使い、見栄えの良さにもこだわっているそうです。

文京学院大学女子中学校

文京学院大学女子中学校_学校給食
画像引用元:文京学院大学女子中学校公式サイト(http://www.hs.bgu.ac.jp/about/page/consultation.html)

給食は温かいものを提供できるように、学校内にある厨房で調理。中学1年生は学年全員、カフェテリアで給食を食べられます。家庭ではなかなか作るのが難しい凝った料理や、日本の郷土料理を献立に入れ、バリエーションに富んだメニューを展開。毎日おかわりの列ができるほど生徒たちから人気だそうです。

私立の給食に関する口コミ

私立校におすすめの委託給食会社3選

献立作成から給食調理までまるっと委託できるおすすめの会社を3社ご紹介します。

LEOC

私立小学校・中学校はもちろん、保育園の給食から企業給食まで、全国2200か所以上の幅広い施設に給食を提供している会社です。メニューの開発は、有名ホテルや飲食店で活躍していた料理人が担当。食事の楽しさ・わくわくを伝える見た目・味を追求して、彩り豊かな美味しい給食を提供しています。

LEOCは現地調理にこだわって食事を提供しているため、できたての温かい料理を子どもたちに食べさせてあげられるのがポイント。料理人たちは日々美味しい料理を考案したり、スキル向上のために講習会に参加したりしているそうです。

富士フードサービス

山梨県に本社を置く給食会社です。給食の豪華さではなく、味とおいしさを追求し、笑顔を届けるメニューづくりにこだわっています。給食はセントラルキッチンで作ったものを各学校に届けるスタイル。すれちがう子どもたちと積極的にコミュニケーションをとり、ニーズを反映したメニューを提供しています。給食をおいしく食べる大切さはもちろん、食育にも注力。栄養・食べ物の素材に関する知識に加え、食事のマナーや感謝の気持ちを伝える大切さまで教えてくれる給食会社です。

有限会社太陽食品

新潟県上越市内で学校給食を提供している給食会社です。小学校・中学校の給食だけでなく、幼稚園・保育園・社員食堂にもサービスを展開しています。見た目・食べやすさにこだわり、子どもたちが思わず笑顔になるような給食づくりを目指している会社です。

たくさんの人に選ばれている
業績右肩上がりの委託給食会社をチェック

学校給食における外部委託状況

学校給食を実施するにあたり、すべての業務を学校関係者だけで行うのは難しいところです。小中学校がどのような業務を専門の会社に委託しているのか文部科学省が調査したデータがあるのでご紹介します。

学校給食の業務委託比率(公立小学校・中学校)

委託業務 委託比率
調理 50.6%
運搬 46.4%
物資購入・管理 10.8%
食器洗浄 49.8%
ボイラー管理 24.8%
その他 23.7%

参考:文部科学省:平成30年度学校給食実施状況等の調査結果【PDF】

データによると、調理・運搬・食器洗浄などの作業を委託給食会社に依頼している小学校・中学校が多いようです。これから学校給食を取り入れていこうと考えている方は、「調理・運搬・食器洗浄」を委託できる会社を探してみると良いでしょう。

2016年・2017年に選ばれた全国対応のおすすめ
給食会社TOP3

LEOC

全国168か所対応
(北海道から沖縄まで)

LEOCの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
770億円
2016年度総売上高
6946200万円
伸び率
110.9
%

給食委託の
相談をする

メフォス

全国49か所対応
(北海道から九州まで)

メフォスの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
5368300万円
2016年度総売上高
5153600万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする

日本ゼネラルフード

全国15か所対応
(北海道から九州まで)

日本ゼネラルフードの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
4604200万円
2016年度総売上高
4419300万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする