美味しいでにっこり!ありがとうでほっこり!入居者が喜ぶ給食会社の選び方
MENU
入居者が喜ぶ給食会社の選び方 » 委託するなら?切り替えるなら?給食会社はここがおすすめ » 浅田給食

浅田給食

浅田給食は大阪を拠点にサービスを展開している委託給食会社です。主にメディカル事業部で福祉医療給食委託サービスを提供しています。浅田給食の委託給食におけるこだわりや特徴などを見てみましょう。

浅田給食の委託給食におけるこだわり

浅田食品は、食事の栄養だけではなく、心の栄養まで満たされるような給食づくりに力を入れている会社です。創業以来給食事業を続けており、長年かけて構築したスキル・ノウハウを生かしたこだわりの給食を提供しています。素材本来の持ち味を大切にしながら、バリエーション豊かなメニューを展開。レパートリーが豊富で飽きない点も魅力のひとつだと言えるでしょう。

食材の鮮度にこだわっており、肉は畜産業者から直接仕入れ、魚は地域の市場から仕入れているそうです。

浅田給食のメディカル食について

浅田給食には2つの事業部があります。医療福祉施設に向けた委託給食サービスを展開する「メディカル事業部」と企業・法人に向けた弁当給食サービスを展開する産業給食事業部です。

メディカル事業部の委託給食では、さまざまな健康状態の高齢者の食事に対応できるよう、ニーズに沿った給食サービスを提供。もちろん常食だけでなく介護食にも対応しています。

また、嚥下障害に悩む方でも食べやすい形状を取り入れながら、焦げ目をつけたり彩りを鮮やかにしたりする工夫を凝らしている点にも注目。見た目にも美味しそうなメディカル食を提供することで、食が細くなりがちな高齢者も毎日のランチタイムが楽しみになるでしょう。

みんなが選んだ
あなたにおすすめしたい
給食会社はここ!

数字でみる浅田給食

浅田給食は1979年2月に設立された歴史ある会社です。創業以来、3つの品質方針(1:安心と安全の追求2:笑顔と真心のこもった食事の提供3:たゆまぬ業務改善)をコンセプトに給食事業に特化したサービスを展開してきました。

2002年にスタートしたメディカル事業部における委託給食は、少子高齢化社会をサポートする現代の日本において欠かせないサービスだといえるでしょう。

問い合わせ

2016年・2017年
最も選ばれた
おすすめ
給食会社TOP3

LEOC

LEOCの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
770億円
2016年度総売上高
6946200万円
伸び率
110.9
%

給食委託の
相談をする

メフォス

メフォスの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
536億円8300万円
2016年度総売上高
5153600万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする

日本ゼネラルフード

日本ゼネラルフードの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
460億円4200万円
2016年度総売上高
4419300万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする