美味しいでにっこり!ありがとうでほっこり!入居者が喜ぶ給食会社の選び方
MENU
美味しいでにっこり!ありがとうでほっこり!入居者が喜ぶ給食会社の選び方 » 委託するなら?切り替えるなら?給食会社はここがおすすめ » 富士食品商事

富士食品商事

病院・施設、保育園・幼稚園、社員食堂や学生食堂など幅広い給食サービスを手掛ける「富士食品商事」をリサーチ。委託給食サービスの特徴や対応力、安全性へのこだわりなどをまとめました。

富士食品商事の給食の特徴

バラエティーと効率化を両立させた給食サービス

1966年の創業以来、50年以上にわたってさまざまな施設の食を支えてきた、実績豊富な給食受託会社です。2021年8月調査時点で全国150件以上のお客様と取引を行っています。そんな富士食品商事が給食の提供において最もこだわっているのは、バラエティーと効率化を両立した「サイクルメニュー方式」という献立プランニングです。

サイクルメニュー方式は、あらかじめ季節ごとのメニューをまとめて作成しておき、4~6週間のサイクルで献立が回るようにシステム化した献立プランニングのこと。このシステムを採用することで食材使用量の把握、より効率的な調理・配膳作業、廃棄食材の削減などを実現しています。

独自の食材購入システムを採用

富士食品商事では、独自の食材購入システムを導入しています。このシステムは、事業者の仕入れる食材などの納入業者を本社が複数社指定し、予算と食材品質基準に基づいて各事業所のマネージャーが購入手続きを行うというもの。食品業界で発生しがちなリベートやキックバックなどを排除することで、仕入れ価格を安くできるなどのメリットがあり、コストの削減にも繋がります。また、食材購入をシステム化することにより、担当者の業務負担も軽減できているそうです。

富士食品商事の給食の安全面

徹底した衛生管理体制を整えている富士食品商事。食材を取り扱う際には、鮮度と製造年月日などをしっかりとチェックして、品質の低いものに関しては抜き取ってから細菌・雑菌検査を実施。また、食材ごとに保管方法や保管場所、温度や湿度などにもこだわっています。

さらに、厨房内の施設や調理器具はマニュアルとチェックリストを使用し、こまめな清掃に取り組んでいるそうです。もちろん、スタッフの衛生管理にも抜かりありません。各マネージャーを中心として個人の体調チェックや手傷の有無、身だしなみの確認などを行っています。

富士食品商事が対応できる給食サービス

富士食品商事では、社員食堂、学校給食、保育園・幼稚園給食、病院・施設給食、学生食堂、社員・学生寮、スポーツ施設の食堂など幅広い施設での給食サービスに取り組んでいます。

なかでも、保育園・幼稚園給食や学校給食は、子どもから人気のあるメニューを提供するだけでなく、成長を促す食材を取り入れた献立づくりや「食」に興味を持ってもらうための食育などにも力を入れているのが特徴。また社員食堂や学生食堂向けの食事サービスでは、利用者がホッとできるような家庭的な味付けにこだわっています。

富士食品商事の会社概要

おすすめ
給食会社TOP3

LEOC

LEOCの給食_共通パーツ
画像引用元:LEOC公式サイト(https://www.leoc-j.com/business/welfarefacility.php)
導入実績
2,500ヶ所以上
拠点数
158ヶ所

給食委託の
相談をする

ニッコクトラスト

ニッコクトラスト_共通パーツ
画像引用元:ニッコクトラスト公式サイト(http://www.nikkokutrust.com/service/senior.html)
導入実績
898ヶ所
拠点数
25ヶ所

給食委託の
相談をする

馬渕商事

馬渕商事_共通パーツ
画像引用元:馬渕商事公式サイト(https://www.mabuchi-net.co.jp/business/real_estate/)
導入実績
500ヶ所
拠点数
7ヶ所

給食委託の
相談をする

病院・介護施設・保育園・社員食堂・寮・研修施設に対応している全国展開の給食会社のうち、拠点数の多い3社を紹介しています(2021年7月調査時点)