美味しいでにっこり!ありがとうでほっこり!入居者が喜ぶ給食会社の選び方
MENU
入居者が喜ぶ給食会社の選び方 » 委託するなら?切り替えるなら?給食会社はここがおすすめ » 葉隠勇進

葉隠勇進

創業50年以上の実績がある葉隠勇進。小中学校をメインに給食提供を行なっています。気になる葉隠勇進の給食の品質や対応力を確認してみましょう。

葉隠勇進の給食の品質

葉隠勇進は「て・し・おにかけた究食」をモットーに、子どもたちへ愛情のこもった給食を届けている会社です。小中学校への給食調理・提供をメインに行なっています。野菜の型抜きやスマイルカット(オレンジを横に切ってくし形にする方法)など調理にひと手間をかけているのも特徴。子どもたちの健康な身体と心を育てる食育の観点からも給食作りに励んでいます。葉隠勇進はISO9001認証と呼ばれる、国際的な品質管理基準の認証も受けています。品質確かな給食づくりをしていると言えるでしょう。

葉隠勇進の対応力

葉隠勇進では郷土の食事や多国籍料理などさまざまな給食に対応するため、日々努力を重ねています。また、確かな品質の給食を提供できるように、調理時に細やかな対応を心がけているのも特徴です。卵のカラの混入を防ぐために、透明なカップに卵を割り入れて360度から目視確認。このチェックのおかげで、卵のカラが給食に混入することなく美味しい卵を使った給食を届けることができたのだそう。ほかにも、給食で使う野菜に虫がついていた場合は写真を撮って記録を残す虫図鑑を作成しています。各野菜のどの部分に虫がつきやすいか記録を残こすことで、洗浄を入念にする部位・真っ先に確認する部位を把握して虫の混入を防止するのです。虫を多く発見した人には、虫賞という称号を贈り、安心・安全・高品質な給食提供へ貢献したことをほめたたえています。この取り組みにより、「虫がいたら嫌だな」から「虫を多く見つけよう」「注意深く見よう」などの前向きな姿勢に変わったそうです。給食作りに妥協しない姿勢や何ごとも前向きに取り組む姿勢が葉隠勇進の強みだといえるでしょう。

葉隠勇進がこだわる安全性

葉隠勇進は本部・事業所・第三者機関の3つが連携して衛生管理体制を整えています。本部では事業所への衛生講習会・衛生巡回指導・ATP検査(ふき取り検査)を実施。事業所では、厳しい独自の管理基準にもとづくマニュアルを遵守した衛生管理が実施されています。ブラックライトを設置して洗い残しがないかのチェック、消毒薬を散布した次亜マットの設置などさまざまな衛生安全対策がされているのです。ほかにも調理や衛生指導などを行なうマネージャー、専門的な調理指導・作業工程の指導を行なう調理インストラクターが存在しています。それぞれ専門的な立場から、安全性や衛生面の管理を担当。厳しい、安全対策・衛生管理を行なったうえで、第3者機関による衛生検査を年1回実施しています。食中毒事故を防止するために、調理スタッフの自己管理も徹底。月2回の腸内細菌検査や調理スタッフの同居家族の健康チェックも実施しています。

みんなが選んだ
あなたにおすすめしたい
給食会社はここ!

数字で見る葉隠勇進

葉隠勇進株式会社は1963年創業の会社です。本社は東京都。支店・営業所が合わせて7つ、関連会社が5社あります。会社全体の売上高は2016年3月時点で145億円です。

2013年に50周年を迎えたのを機に、ソシオークホールディングス株式会社を設立しました。葉隠勇進株式会社は学校給食をメインとしていますが、グループ会社のハガクレフード株式会社では保育園や病院、社員食堂などさまざまな場所へ給食提供を行なっています。

葉隠勇進のお問い合わせ情報

2016年・2017年に選ばれた全国対応のおすすめ
給食会社TOP3

LEOC

全国168か所対応
(北海道から沖縄まで)

LEOCの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
770億円
2016年度総売上高
6946200万円
伸び率
110.9
%

給食委託の
相談をする

メフォス

全国49か所対応
(北海道から九州まで)

メフォスの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
5368300万円
2016年度総売上高
5153600万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする

日本ゼネラルフード

全国15か所対応
(北海道から九州まで)

日本ゼネラルフードの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
4604200万円
2016年度総売上高
4419300万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする