美味しいでにっこり!ありがとうでほっこり!入居者が喜ぶ給食会社の選び方
MENU
入居者が喜ぶ給食会社の選び方 » 委託するなら?切り替えるなら?給食会社はここがおすすめ » 河北食品

河北食品

和歌山県に拠点を構え、さまざまな施設に食事サービスを展開している河北食品。弁当給食や仕出し弁当の販売・配達をメイン事業としながら、高齢者福祉施設に向けた委託給食事業も行っています。河北食品の委託給食サービスにおけるこだわりや特徴をみてみましょう。

河北食品の委託給食サービスにおけるこだわり

河北食品は弁当給食・仕出し弁当の販売・配達事業を通して作成した献立を用いて、高齢者福祉施設に向けた委託給食サービスを実施しています。

社内に栄養管理部を設立し、管理栄養士・栄養士が給食メニューを提案。シーズンを楽しむ行事食を取り入れる、地域の声に耳を傾けるなどして、定番メニュー以外の献立も作成しています。

河北食品の食に対する安心や信頼における取り組み

河北食品は食材を仕入れてから給食が利用者の口に運ばれるまで、食の安全性を維持するよう努めている委託給食会社です。

まず、工場内にダンボールを持ち込まず、食材・原料を取り出してから搬入しています。野菜・鮮魚・精肉は仕込み室を分け、細菌汚染防止を心がけた衛生管理を実施。

調理室では食材の中心温度を測定することで、火の通り具合をチェックしています。この取り組みにより、芯までしっかり火の通った食中毒リスクの低い給食を目指しているのです。

また、食品衛生管理システム(HACCP)の認証を受けている工場で調理を実施しているのもポイント。万がいちトラブルが起きてもすぐに対応できる体制を整えています。

みんなが選んだ
あなたにおすすめしたい
給食会社はここ!

数字でみる河北食品

河北食品は会社が設立した昭和54年から現在に至るまで、長きにわたり給食事業に携わってきた、歴史ある委託給食会社です。「社員を幸せにできる会社」「お客様に歓ばれる会社」「取引して良かったと思われる会社」という3つの経営理念を掲げ、たくさんの利用者に愛されるサービスを提供してきました。

現在は3名の管理栄養士、10名の栄養士、18名の調理師が在籍。1日あたり約12,000食を毎日提供しています(2020年5月時点の情報)。

お問い合わせ

2016年・2017年
最も選ばれた
おすすめ
給食会社TOP3

LEOC

LEOCの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
770億円
2016年度総売上高
6946200万円
伸び率
110.9
%

給食委託の
相談をする

メフォス

メフォスの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
536億円8300万円
2016年度総売上高
5153600万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする

日本ゼネラルフード

日本ゼネラルフードの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
460億円4200万円
2016年度総売上高
4419300万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする