美味しいでにっこり!ありがとうでほっこり!入居者が喜ぶ給食会社の選び方
MENU
入居者が喜ぶ給食会社の選び方 » 委託するなら?切り替えるなら?給食会社はここがおすすめ » MEIKO(明光産業)

MEIKO(明光産業)

婦人科・医院への食事提供を行うMEIKO(明光産業)。その特徴やこだわり・安全性はまさに一流レストラン並み。ただ食事を提供するだけではない、リッチなサービスが魅力です。こちらではMEIKO(明光産業)の委託給食サービスについて特徴や安全性、サービス内容や対応エリアをまとめました。

MEIKO(明光産業)の給食の特徴

ホテル式のサービスと食事の提供

主に産婦人科・医院への食事提供を行うMEIKO(明光産業)では調理以外の部分、サービス対応についても力を入れています。ここで行われるサービスは一流レストランと大きく変わらないものを目指しており、たとえば食材や調理方法の説明・シェアサービスまでも行なってくれるのです。

それだけではなく、個室対応についてもスタッフ自らが配膳を行いコミュニケーションを通じて、より食事を楽しめるような環境にしています。事前予約を行えば家族の分の食事も用意可能です。

調理を行うのは一流ホテルや割烹出身のシェフということから、その味にも期待ができるでしょう。

ワンランク上のプロによるコンサルティング

上述の通りMEIKO(明光産業)で提供される料理の数々は、豊富な経験を積んだプロによるものです。和洋中問わず、その味や見た目はプロの仕事そのもの。その強みを活かしてプロの味が体感できるコンサルティングを行っています。

たとえば週に一度であったり、お祝膳のみの対応も可能。お祝膳に本格フレンチのコースや季節ごとの特別料理などを提供することもできます。また、和洋中における新しいメニューや手作りおやつのレシピ提案も行なっています。

産婦人科では「療養」よりも、美味しく楽しめる食事が求められる傾向があります。美味しいだけではなく、比較的短い入院期間において楽しむための食事を提供する。これは多くの経験を積んできたプロの調理師だからこそできるサービスのひとつでしょう。

MEIKO(明光産業)の給食の安全面

当然のことながら、MEIKO(明光産業)では一流の料理の提供だけではなくその安全性にもこだわっています。ただ美味しい・楽しいだけではないのです。

提供される料理は母体や赤ちゃんにとって安心・安全なもの。一流の料理を生み出す食材や日々の衛生管理における安全性にはこだわり続けています。

MEIKO(明光産業)が対応できる給食サービス

MEIKO(明光産業)は大阪・東京の産婦人科病院・医院を中心に給食サービスを展開しています。

ここまでお伝えしたような料理やサービスのこだわりによるイメージアップやグレードアップには絶対的な自信を持っています。常駐的な対応から週に数回の部分委託も可能と、柔軟性あるサポートが魅力です。

MEIKO(明光産業)の会社概要

2016年・2017年
最も選ばれた
おすすめ
給食会社TOP3

LEOC

LEOCの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
770億円
2016年度総売上高
6946200万円
伸び率
110.9
%

給食委託の
相談をする

メフォス

メフォスの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
536億円8300万円
2016年度総売上高
5153600万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする

日本ゼネラルフード

日本ゼネラルフードの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
460億円4200万円
2016年度総売上高
4419300万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする