美味しいでにっこり!ありがとうでほっこり!入居者が喜ぶ給食会社の選び方
MENU
入居者が喜ぶ給食会社の選び方 » 委託するなら?切り替えるなら?給食会社はここがおすすめ » 株式会社ナリコマエンタープライズ(ナリコマフーズ)

株式会社ナリコマエンタープライズ(ナリコマフーズ)

株式会社ナリコマエンタープライズ(以下、ナリコマフーズ)は、高齢者福祉施設に特化したタイプの委託給食会社です。毎日の食事を少しでも楽しめるような食事を提供しています。家庭的な味をテーマに、彩りや見た目にもこだわっているのが特徴です。ナリコマフーズの委託給食サービスのおすすめポイントや安全性について、詳しくまとめました。

ナリコマフーズの委託給食について

「ユニットごとのキッチンで調理すると味にバラつきが出る…」というユニット型ケア施設の悩みに対応するために、セントラルキッチンを保有しています。セントラルキッチンにて、クックチル方式または真空調理方式で調理した食事をチルド状態のまま、再加熱できるカートに入れて届けてくれます。調理場を設計できるスペースがなくても対応できるのが強みです。

また、新しいメニューを考案したときは、社長が実食して味を確かめる社長検食を実施。実際に口にした結果、自信をもって提供できるメニューのみ展開しているそうです。

ナリコマフーズの対応力について

ナリコマフーズでは高齢者の方の咀嚼力に応じて、バリエーション豊富な給食形状を展開しています。普通食・ソフト食・ミキサー食・ゼリー食の4種類に対応。一般的にソフト食やミキサー食は食欲が湧きにくい見た目だとされていますが、ナリコマフーズのソフト食・ミキサー食の見た目は普通食と遜色なく、彩りも工夫されています。

数字で見る株式会社ナリコマエンタープライズ

株式会社ナリコマエンタープライズの前身となる大将食堂は、1951年(昭和26年)に開業。そこから1982年(昭和57年)にかけて給食部門を少しずつ拡大するため成駒給食株式会社(株式会社ナリコマエンタープライズのグループ会社)が設立されました。

その後、高齢者の食事サービス専門の会社として、1990年(平成2年)に設立されたのが株式会社ナリコマエンタープライズです。委託給食サービスのほか、在宅高齢者や高齢者施設の要望を受け、クックチル食品の販売も行うようになりました。現在は広島、愛知、神奈川、大阪にセントラルキッチンを保有しているほか、全国各地に事業所を増やしています。2020年には、神戸・九州に新しくセントラルキッチンが完成する予定。さらなる発展をめざしてステップアップし続けている給食委託会社です。

ナリコマフーズのお問い合わせ先

2016年・2017年
最も選ばれた
おすすめ
給食会社TOP3

LEOC

LEOCの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
770億円
2016年度総売上高
6946200万円
伸び率
110.9
%

給食委託の
相談をする

メフォス

メフォスの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
536億円8300万円
2016年度総売上高
5153600万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする

日本ゼネラルフード

日本ゼネラルフードの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
460億円4200万円
2016年度総売上高
4419300万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする