美味しいでにっこり!ありがとうでほっこり!入居者が喜ぶ給食会社の選び方
MENU
入居者が喜ぶ給食会社の選び方 » 委託するなら?切り替えるなら?給食会社はここがおすすめ » シップヘルスケアフード

シップヘルスケアフード

シップヘルスケアフードは主に医療機関・介護施設に向けたサービスを展開している給食委託会社です。バリエーション豊かでバランスの良い食事の提供はもちろん、さまざまなイベント食も手がけています。シップヘルスケアフードの委託給食のサービス内容をはじめ、特徴などをまとめました。

シップヘルスケアフードの委託給食サービスについて

シップヘルスケアフードでは、毎日の献立の考案はもちろん、在庫管理や食材の発注まですべて請け負ってくれます。委託給食サービスはもちろん、介護施設向けのお弁当販売も実施。また、専属の管理栄養士がプロデュースした完全調理済の食事を届ける「ドリームキッチン」というサービスも人気です。素材そのものの風味・味・食感を楽しめるように工夫を凝らしながら、咀嚼が難しい高齢者でも楽しめるメニューを開発しているのだそう。ムース食献立プランは、味・見た目・彩りの良さにもこだわっているのが特徴です。

シップヘルスケアフードの衛生管理について

シップヘルスケアフードはHACCP(厚生労働省が推奨している食品衛生管理の手法)に準拠した独自の衛生管理マニュアルを用いて、万が一のトラブルが起きても迅速に対応できるよう衛生管理を徹底しています。定期的な講習会・拭き取り検査などを実施して、衛生的な環境維持に努めています。講習会では、食中毒の具体的な実例・特徴をわかりやすくまとめ、スタッフの危機管理能力を高めているそうです。

数字で見るシップヘルスケアフード

シップヘルスケアフードの前身となるホスピタルフードサプライサービス株式会社は1982年3月に医療法人医誠会の関連会社として設立されました。2006年より医療分野の給食事業を本格的にスタートして、2012年4月には社名をシップヘルスケアフード株式会社へと改名しています。

2016年3月期の売上40憶円という実績から、医療・介護給食を数多くの施設に提供していることがわかるでしょう。「誠実な心・情の心・革新者の気概・パートナーシップ精神」この4つをモットーに給食サービスを展開している会社です。

シップヘルスケアフードのお問い合わせ先

2016年・2017年
最も選ばれた
おすすめ
給食会社TOP3

LEOC

LEOCの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
770億円
2016年度総売上高
6946200万円
伸び率
110.9
%

給食委託の
相談をする

メフォス

メフォスの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
536億円8300万円
2016年度総売上高
5153600万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする

日本ゼネラルフード

日本ゼネラルフードの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
460億円4200万円
2016年度総売上高
4419300万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする