導入後まで考える給食会社の選び方
MENU
導入後まで考える給食会社の選び方 » 委託するなら?切り替えるなら?給食会社はここがおすすめ » 東都給食

東都給食

保育施設や社員食堂、福祉施設の食堂運営・管理を行っている給食会社「東都給食」を紹介します。委託給食サービスの特徴や対応力、安全性へのこだわりなどをまとめました。

東都給食の特徴

約60年の豊富な実績を持つ給食会社

東都給食はもともと社員食堂の運営をメインに行ってきた会社です。その経験を活かして、1994年~1995年に公立小中学校向けの給食事業を開始。1997年医は福祉施設向けの給食サービスも行うようになり、2002年からは保育所施設向けの給食サービスも扱っています。

創業から約60年にわたり「安全・安心」と「おいしい」をモットーにした給食サービスを提供しており、スタッフ全員が「お客様のために何ができるのか」という意識を持ち、利用者の健康と笑顔をサポートできる給食づくりに励んでいます。

子どもたちの成長を支える食事を提供

幅広い給食事業を展開している東都給食ですが、現在はとくに小中学校向けの給食事業に注力しているそうです。これは利用対象者を子どもに絞ることで、子どもの発育・成長をサポートするための献立作成・調理法・食材選びをより徹底できると考えているためです。対応エリアは東京・神奈川・埼玉・千葉を中心としています。

もちろん学校の委託給食だけでなく、保育施設・社員食堂・福祉施設の食堂管理運営も対応可能。公式サイトには具体的なサービス内容が掲載されていなかったため、詳しくは直接東都給食までお問い合わせください。

東都給食の給食の安全面

東都給食では「安心・安全」をモットーとしており、食材選びから安全性の追求を徹底しています。とくに、子どもの身体は大人と比較して免疫力が弱いため、食品中の危害要因をできるだけ避けるよう工夫を凝らしているそう。なかでも、食材に付着した細菌などによる食中毒の防止には細心の注意を払っています。

また、食品アレルギーについても個別対応が可能。事前に利用者1人ひとりのアレルギーの有無を確認し、食材はもちろん添加物にも注意しています。食事の提供前にも再度チェックを行うことで、あってはならない誤りを防いでいるそうです。

東都給食が対応できる給食サービス

東都給食は、学校給食を中心に社員食堂や保育施設、福祉施設などの給食管理・食堂運営サービスを実施しています。

年代ごとに不足しがちな栄養素を考慮し、栄養士による栄養バランスの整った献立を作成。子どもの食育や給食の管理業務なども、管理栄養士が行っているため安心です。給食づくりにおける指導と調理は調理師が中心となっており、地域の人たちが調理補助を行っています。衛生ルールも厳しく設定し、スタッフの身だしなみはもちろん調理に使用する器具の安全管理も行っております。

東都給食の会社概要

注目! 【PR】失敗しない
給食会社「変更」の方法