美味しいでにっこり!ありがとうでほっこり!入居者が喜ぶ給食会社の選び方
MENU
入居者が喜ぶ給食会社の選び方 » 委託するなら?切り替えるなら?給食会社はここがおすすめ » 協立給食

協立給食

学校給食をメインに、多くの分野で給食を提供し続けて55周年を迎えた協立給食。子どもたちの記憶に残る給食を作りたいと願う協立給食の特徴をみていきましょう。

協立給食の給食の品質

調理技術研修を積極的に行うことで、スペシャリストの育成を心掛けています。

食育を重要視している協立給食では、ただ食べるのではなく、食べることを楽しく、そして思い出に残るような給食でありたいと考え、見た目にも配慮。

保育園分野では、園長や栄養士、保護者などともコミュニケーションをとることで、より満足度の高い給食を届けています。

福祉分野では、ソフト食やミキサー食、きざみ食といった食事にも対応しつつ、そういった給食でも楽しめるよう、旬の食材を積極的に活かして作っています

協立給食の対応力

特にイベントなどは用意していないようですが、「食育」に力をいれています。保育園や幼稚園、小学校、中学校と、各年代によって異なる成長に必要な栄養素や食事形態を考えて、手作りで給食を提供しています。

生徒たちの思い出に残るよう配慮したり、社員食堂ではクライアントのニーズを把握して、それに応えるよう柔軟に対応しているのも魅力。

協立給食がこだわる安全性

具体的な安全対策や衛生管理、災害時への備えなどは一切記載がないのでわかりませんが、設立から55年を迎える協立給食は、安全安心な食事の提供を重視。

そのため、衛生管理研修を行ったり、衛生面に徹底的に配慮を行い、「安心安全は当たり前」とし、そこに付加価値をつけられる努力をしています。

みんなが選んだ
あなたにおすすめしたい
給食会社はここ!

協立給食を導入した施設の例

HP上に記載がありませんでした。

数字で見る協立給食

昭和38年に設立した協立給食は、55年目を迎える老舗の給食企業。東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の4エリアで、地元密着でサービスを展開しています。

福祉や社員食堂などの業務も担っていますが、最も力をいれているのが学校給食。「ただの給食」ではなく、「教材」とも言えるような給食を提供したいと考えています。

協立給食のお問い合わせ情報

2016年・2017年に選ばれた全国対応のおすすめ
給食会社TOP3

LEOC

全国168か所対応
(北海道から沖縄まで)

LEOCの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
770億円
2016年度総売上高
6946200万円
伸び率
110.9
%

給食委託の
相談をする

メフォス

全国49か所対応
(北海道から九州まで)

メフォスの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
5368300万円
2016年度総売上高
5153600万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする

日本ゼネラルフード

全国15か所対応
(北海道から九州まで)

日本ゼネラルフードの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
4604200万円
2016年度総売上高
4419300万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする