美味しいでにっこり!ありがとうでほっこり!入居者が喜ぶ給食会社の選び方
MENU
入居者が喜ぶ給食会社の選び方 » 委託するなら?切り替えるなら?給食会社はここがおすすめ » 日清医療食品

日清医療食品

給食を提供しているのではなく、食事サービスをしていると考えている日清医療食品。ユーザーや地域社会とともに食のあり方を考える日清医療食品の特徴をみていきましょう。

日清医療食品の給食の品質

給食の提供は健康成人を相手にするとは限らず、療養中の方や高齢者、小さな子どもが対象であることが多いです。

そのため日清医療食品では、ユーザーがどのような状態なのかをまず把握し、治療や成長などに合わせて栄養価を考えたり、嚥下などを意識するなど、細かい気遣いを大切にしています。

味が美味しいのはもちろんのこと、食べることで元気になるような食事作りを心掛けています。

日清医療食品の対応力

病院・社会福祉施設では、病院食ではあるものの、ユーザーが喜んで食べたくなる給食を提供するため、地域と一体になって給食のあり方を考え続けています。

季節の行事を取り入れる、地産地消で食材を工夫する、イベント食も手掛けるなど、食に楽しさを添えています

保育施設では、美味しく、成長に大切な豊富な栄養素を含んだ給食であることは当たり前ですが、そこに楽しさや食習慣のためのさまざまな工夫を取り入れています。

日清医療食品がこだわる安全性

仕入れ予定の商品は監査や検査を何度も行った後に、仕入れが決定します。仕入れ後も、何度も担当者と協議を繰り返したり、監査や検査を行うことで、安全性を維持しています。

衛生管理マニュアルをクライアントに配ったり、定期的に点検や監査を行い、品質管理を徹底。仕入れ時だけでなく、調理や保存、物流の段階など、細かい段階ごとに厳しいチェックを行うことが安全安心な給食を提供する基本だとしています。

みんなが選んだ
あなたにおすすめしたい
給食会社はここ!

日清医療食品を導入した施設の例

記載がありませんでした。

数字で見る日清医療食品

1972年に設立された日清医療食品は、45年以上もユーザーやクライアントに必要とされ続け、今では全国に約5,300もの事業所をもち、医療や福祉、保育施設に特化した給食事業を展開。

ワタキューグループというグループ企業に属しているため、日清医療食品のみではできないようなこともグループ企業全体でバックアップすることで総合的な提案を行っています。

日清医療食品のお問い合わせ情報

2016年・2017年に選ばれた全国対応のおすすめ
給食会社TOP3

LEOC

全国168か所対応
(北海道から沖縄まで)

LEOCの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
770億円
2016年度総売上高
6946200万円
伸び率
110.9
%

給食委託の
相談をする

メフォス

全国49か所対応
(北海道から九州まで)

メフォスの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
5368300万円
2016年度総売上高
5153600万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする

日本ゼネラルフード

全国15か所対応
(北海道から九州まで)

日本ゼネラルフードの給食_共通パーツ
2017年度総売上高
4604200万円
2016年度総売上高
4419300万円
伸び率
104.2
%

給食委託の
相談をする