導入後まで考える給食会社の選び方
MENU
導入後まで考える給食会社の選び方 » 委託するなら?切り替えるなら?給食会社はここがおすすめ » ハーベスト

ハーベスト

フードサービスにとどまらず、ホスピタリティーサービスを提供しているハーベスト。クライアントと従業員の両者を大切にするハーベストの特徴をみていきましょう。

ハーベストの給食の品質

社員食堂、高齢者施設、学校など、どんな施設であっても、栄養バランスを重要視。給食によって健康になることを目指しています。

さらに、楽しく食事をしてもらうために見た目にも気を遣っており、彩りや盛り付けだけでなく器にもこだわっています

ヘルスケア部門では、きざみ食やソフト食にも対応するとともに、もっと食べたいと思ってもらえるように工夫。

ハーベストの対応力

給食を楽しんでもらうために、季節によってフェアメニューを取り入れたり、さまざまなイベントを開催。イベントを行うことで、多くの人がコミュニケーションを図り、体だけでなく心もヘルシーになってもらうために努力しています。

また学校給食では食育を推進し、多くの情報の開示やイベントの実施、職場体験(給食センター)などに取り組んでいます。

ハーベストがこだわる安全性

トレーサビリティを取り入れるとともに、地域ごとに厳選された仕入先を用意することで、スピーディな対応(鮮度が抜群)と高い品質を確保

安全衛生マニュアルを用意し、定期的に巡回や衛生監査、検査をすることで、安全性を高めています。

どんな災害時にも食事を提供し続けるために、充分な備えを用意。厨房が使えない場合を考慮して、災害時は工場にてお弁当を作り、届けることになっています。

みんなが選んだ
あなたにおすすめしたい
給食会社はここ!

ハーベストを導入した施設の例

HP上に記載がありませんでした。

数字で見るハーベスト

昭和35年に設立し、55年以上も給食事業を展開し続けているハーベスト。平成29年4月時点での営業所数は550ヵ所にものぼり、従業員数は5,500名を上回っています。

給食事業だけでなく、ビルのメンテナンスといった管理も行っているため、フード関連のみならずトータルでサービスを提供することが可能。クライアントにとっても大きなメリットになることでしょう。

ハーベストのお問い合わせ情報

注目! 【PR】失敗しない
給食会社「変更」の方法